有機機能性材料化学グループのホームページにようこそ

様々な元素のキャラクターを上手く利用することで、新しい機能性有機材料を開発しています。

私たちの研究グループは、福元・吾郷研究室の共同研究グループです。有機フッ素化学、高分子化学、有機典型元素化学をバックグランドとするスタッフが協力することで、新しい反応や機能を示す機能性有機材料の開発を行っています。
詳しい研究内容の説明はこちらをご覧ください。
Facebook: 吾郷友宏
Instagram: organicchem_hitachi
Twitter: 有機機能性材料化学グループ

最新情報&更新情報


2020.4.16 本学は4/20(月)からキャンパスは原則閉鎖・リモートワークとなります。電話も対応できませんので、ご用件は福元・吾郷までメールでご連絡ください。
2020.4.15 河野くんの研究成果が、矢野経済研究所のYano E plusで紹介されました
2020.4.13 3月で卒業した吉成くんの論文がMacromoleculesにWeb掲載されました
2020.3.24 4年生・M2が卒業しました。コロナウィルスの影響で卒業式は中止(縮小開催)、証書は教員の手渡しと例年と全く違う卒業になってしまいましたが、今後の活躍をお祈りします。また、M2の河野君が理工学研究科長賞を受けました。おめでとうございます!
2020.3.17 猿渡君、白井さんの論文がJ. Fluorine Chem.にウェブ掲載されました
2020.3.6 河野君の論文がACS Materials Lettersの過去1ヶ月間のTop 20 most downloaded articlesに選出されました。
2020.2.19 フランスCNRS Institut Charles Gerhardt MontpellierのBruno Ameduri先生が来学され講演されました。
2020.2.7 小原君、田村君、山田君、椎塚君の成果がEuropean Journal of Organic Chemistryにアクセプトされました。茨大の細谷先生、工繊大の山田先生・今野先生、埼玉大の石井先生、京都大の水畑先生・時任先生、東大の内山先生、理研の村中先生との共同研究です。
2019.12.20 河野くんの研究内容について、日経産業新聞の先端技術面で報道されました。
2019.12.5-7 第46回有機典型元素化学討論会に参加しました。永田くん、河野くん、小池くんがポスター発表を行いました。
2019.11.22 河野くんの論文がACS materials Lettersに掲載されました。本学の細谷先生、京大の時任先生・水畑先生、九州大の安田先生との共同研究の成果です。
2019.11.21-22 第42回フッ素化学討論会(神戸大学)に参加しました。小原くんが口頭、猿渡、鈴木、吉成くんがポスター発表しました。
2019.10.31-2019.11.1 久保田先生、吉成くん、中崎くん、小野木くんが、高分子学会関東支部第33回茨城地区「若手の会」交流会(つくばセミナーハウス)に参加しました。吉成くんは口頭発表、中崎くんと小野木くんはポスター発表を行いました。
2019.10.20 卒業生の和田くん、野原さん、小松さんの論文が、Results in Chemistry(今年できたElsevierのOA誌)に掲載されました。本学の細谷先生、京都大の時任先生・水畑先生との共同研究成果です。
2019.10.11 菅野くん、卒業生の鈴木くんの論文がTetrahedronに掲載されました。本学の細谷先生、埼玉大の斎藤先生・古川先生、京都大の時任先生・水畑先生の共同研究の成果です。
2019.5.18 久保田先生の退職記念パーティーを開催します。詳細は以下の通りになります。
日時:2019年5月19日(土) 14時~16時
場所:ザ・プリンスパークタワー東京
https://www.princehotels.co.jp/parktower/
会費:12,000円(記念品代込) 当日会場でお支払いください。
2019.3.22 久保田先生の最終講義を挙行しました。
2019.3.13 小原くんの研究成果を元にした特許を出願しました。
2019.3.8 神奈川大学理学部の辻勇人先生に講演をしていただきました。
2019.2.21 年度末の飲み会を、日立の吾平で行いました。
2019.2.20 猿渡くんの研究成果を元にした特許を出願しました。
2019.2.5 吉成くんの研究内容を基にした特許を出願しました。
2019.1.9 和田くん、小松さんの研究内容を基にした特許を出願しました。
2018.12.17 合津くん、卒業生の塩田さんの論文がMoleculesに掲載されました。農工大の山崎先生、御茶ノ水大の矢島先生との共同研究の成果です。
2018.12.13~15 新潟市朱鷺メッセで開催された第45回有機典型元素化学討論会に参加しました。和田君(口頭)、永田君(ポスター)が発表しました。
2018.12.8 農工大にて、農工大の山崎先生・齋藤先生とのM1合同勉強会に参加しました。
2018.12.3 京都大学の長田裕也先生にご来学いただき、学生とのディスカッションと講演会をして頂きました
2018.11.30 片岡くんの論文がウェブ掲載されました。農工大の山崎先生、高須賀先生、分子研の西村先生との共同研究成果です。
2018.11.23 高校生1日体験科学教室を担当しました。
2018.11.15 2017年度卒業生の稲野辺君の研究成果に基づいて申請していた特許が登録されました。
2018.11.15~16 第7回日中韓フッ素化学セミナーに久保田、福元、吾郷が参加し、吾郷が口頭講演を行いました。
2018.11.3 こうがく祭で「かがくであそぼ2018」を担当しました。約300名のご参加がありました。
2018.10.25~26 第42回フッ素化学討論会に久保田・福元・吾郷・鈴木(晟)・大畑・中崎の6名が参加しました。鈴木が口頭発表、大畑・中崎がポスター発表を行いました
2018.10.21 日立理科クラブの実験授業を吾郷・福元が担当しました。30名のご参加がありました。
2018.10.18 中崎くんの研究成果に基づいた特許を申請しました。日本ゼオンとの共同研究の成果です。
2018.10.13 埼玉大学基礎化学科の斎藤研主催の野球大会に参加しました
2018.10.2 根本君の論文がAsian Journal of Organic Chemistryにでました。学科の細谷先生、埼玉大学の石井先生、京大化研の時任先生・水畑先生、工繊大の山田先生・今野先生との共同研究の成果です。
2018.9.28 福元が執筆した、最近の研究成果(卒業生の安藤君、塩田さん、泉谷君の成果)が、化学工業社の「ケミカルエンジニヤリング」10月号に掲載されました。
2018.9.25 鈴木晟眞君・菅野康徳君の研究成果に基づいた特許を申請しました。
2018.9.24 測定をお手伝いした、茨城高専の小松崎先生の論文が出ました。
2018.9.20~21 研究室旅行で、那須ハイランドパークに行ってきました。雨天でしたが、屋内のボルダリング施設でみんな汗をかきました
2018.9.10 2015年度卒業生の泉谷君の研究成果に基づいて申請していた特許が登録されました。
2018.9.6~8 第29回基礎有機化学討論会(東工大大岡山キャンパス)に福元・吾郷・根本・田村が参加しました。根本君は口頭、田村君はポスター発表をしました。
2018.9.2~4 吾郷が第53回典型元素化学セミナー(佐賀県嬉野温泉)に参加してきました。コンフィデンシャルの形で、お互いの研究についてフリーディスカッションする会です。
2018.9.3 福元がJST主催の「イノベーション・ジャパン2018」(東京ビッグサイト、2018年8月30~31日)にて、含フッ素クラウンエーテルの開発(2017年度卒業生中嶋君の研究成果)について展示ならびに発表を行いました。詳細はHPを御覧ください。
2018.8.28 MDPIのInorganicsの特集号(有機アルミニウム化合物)の招待編集者を吾郷が担当することになりました。
2018.8.20~21 茨城県大子町袋田の思い出浪漫館で、第8回フッ素化学若手の会を主宰しました。110名のご参加をいただきました。
2018.7.31 福元が仙台国際センターで開催されたThe 43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018) (第43回錯体化学国際会議)にて口頭発表をしてきました。 http://www.iccc2018.jp/
2018.7.18 片岡くん、卒業生の土持くん・麻生くんの論文がJournal of Fluorine Chemistryに載りました。東京農工大の山崎先生・高須賀先生、京大化研の水畑先生・時任先生との共同研究の成果です。
2018.7.17 久保田先生が7月2日付で、平成30年度の「安全衛生に係る優良事業場、団体又は功労者に対する厚生労働大臣表彰」を授与されました。
2018.7.17 ついでにfacebookのページも作りました。まだ中身0ですが。
2018.7.16 Instagramのアカウントを作成しました。研究グループの近況など発信していきます。
2018.7.9 和田直君の論文がInorganic Chemistryに載りました。同学科の細谷孝明先生、茨大理学部の藤澤清史先生、京大化研の時任宣博先生・水畑吉行先生との共同研究の成果です。
2018.7.4~6 第53回有機反応若手の会@ホテルヘリテイジときの湯温泉(埼玉県熊谷市)に参加しました。根本君(口頭)、鈴木せいま君・永田君(ポスター)が発表を行いました。
2018.5.25 BBQを開催しました。例年のかみすわ山荘ではなく、会瀬青少年の家のBBQスペースを借りました。
2018.5.17~18 福元がF&Fインターナショナル主催の「フッ素化学の最前線とフッ素化学工業セミナー」(ダイキン工業株式会社)にて依頼講演をしてきました。
2018.5.12 吾郷が名古屋大工学部で招待講演をしてきました。
2018.4.13 研究トピックスの項目を作りました。今年はバシバシ報告をしていきます。
2018.4.13 吾郷の京大化研時代の研究がEurpean Journal of Inorganic Chemistryにアクセプトされました。
2018.4.9 新M1が9名、新4年生が12名加わりました。
2018.3.23 卒業証書・修了証書の授与式がありました。
2018.3.20~21 日本化学会第98春季年会(日大船橋キャンパス)にて、福元、M2の中嶋、M1の大川原、小野寺、里見、鈴木、田村、根本、和田、4年の河野が発表しました。
2018.3.6 M1の大畑の論文がJournal of Fluorine Chemistryにアクセプトされました。京都大学化学研究所の時任宣博先生・水畑吉行先生との共同研究です。
2018.2.23 修論発表、卒論発表の打ち上げをやりました。
2017.12.22 忘年会を行いました。1年間お疲れ様でした。
2017.12.19 仮配属3年生12名(久保田研4・福元研4・吾郷研4)が加わりました。
2017.12.7~9 M1の根本くん・和田くんが、第44回有機典型元素化学討論会(東工大大岡山キャンパス)にて発表を行いました。
2017.11.2 吾郷が第1回産総研化学シンポジウム(つくば市)にて低原子価アルミニウム化学種に関する招待講演を行いました。
2017.10.30~31 第32回高分子学会関東支部茨城地区若手の会(つくばみらい市)に福元&学生6名(中嶋、大川原、小野寺、里見、安藤、河野)が参加しました。中嶋は話題提供講演を行いました。
2017.9.7~9 福元、吾郷、根本が第28回基礎有機化学討論会(九州大学伊都キャンパス)に参加・発表しました。
2017.08.24 福元がJST主催の「イノベーション・ジャパン2017」(東京ビックサイト、2017年8月31日~9月1日)にて、最近の研究成果(含フッ素多環芳香族化合物の開発)について展示ならびに発表を行います。 詳細はHPをご覧ください。
2017.08.24 福元がJST主催の「材料・ICT 新技術説明会」(東京・市ヶ谷、2017年9月26日)にて、最近の研究成果(含フッ素クラウンエーテルの開発)について発表を行います。 詳細はHPを御覧ください。
2017.07.27 吾郷の京都大学化学研究所での研究をまとめた総説が有機合成化学協会誌7月号に掲載されました。Open Accessではありませんが・・・
2017.07.07 吾郷が昨年発表したアルミニウムによる水素活性化の論文が、Reaxys PhD Prize 2017のファイナリストに選出されました。筆頭著者で実験を遂行した長田浩一博士が、全世界の550名の応募者から選抜されたファイナリスト45名に選ばれました。長田博士は、今年10月に上海で開催されるReaxys PhD Prize Symposiumに招待されます。
2017.05.19 日立市のかみすわ山荘でバーベキューをしました。トップページの写真はその際に撮影したものです。
2017.05.06‐07 日立シビックセンターで開催された「かがくふしぎ発見 おうちでできる実験大集合」に参加し、プラスチックコップを使ったコースター作りを実施しました。たくさんのお子さんにご参加いただけました。
2017.04.07 新M1と新4年生がグループに加わりました。合計31名(スタッフ3+学生28)のグループで1年間やっていきます。
2017.03.23 卒業お疲れ呑み会を日立のいろはにほへとで行いました。
2017.02.23 卒業研究発表会が終わりました。無事、全員卒業が決定しました。
2017.01.27 福元(卒業生 泉谷君)・久保田(卒業生 安藤君, 塩田さん)グループの研究成果がMacromolecules誌に掲載されました。
2017.01.16 福元准教授が日立市の「大人のための科学教室」において「プラスチックの魅力と高分子の世界」と題する講演を行いました。
2016.10.17 吾郷グループの研究がChem-Stationで紹介されました。
2016.10.11 吾郷グループの研究がacademist journalで紹介されました。
2016.09.28 佐賀市で開催された第10回フッ素化学セミナーと第39回フッ素化学討論会に出席しました。
2016.09.26 グループのホームページを更新しました。

学科行事や学会参加予定の一覧

研究トピックス

ラダー型ホウ素化合物を用いた青色TADF分子の開発

ACS Materials Letters 2020

電子不足ホスフィン配位子の合成と触媒反応への利用

Results in Chemistry 2019

ペルフルオロアルキル基をもつTIPSペンタセンの合成

Tetrahedron 2019

含フッ素縮環多環芳香族分子の合成

Molecules 2018.

含フッ素フェナントレンを用いた芳香族高分子の合成

J. Fluorine Chem. 2018.

ポリフルオロ環状骨格を有するフランの合成と性質

Asian J. Org. Chem. 2018.

N-ヘテロ環状カルベンによって安定化された、低原子価ケイ素カチオン種の生成と構造

Inorganics 2018.

2018.7.17 HFCの再資源化に向けた、温和な条件でのポリフルオロ化合物の分子変換方法の開発

J. Fluorine Chem. 2018

2018.7.9 電子受容性ビスホスフィン-d10遷移金属錯体の合成、構造と触媒反応への利用

Inorg. Chem. 2018.

2018.4.13 アルミニウム-リン結合化合物の合成と構造

Eur. J. Inorg. Chem. 2018.

2018.3.6 ポリフルオロ化された環状1,2-ジオールの合成

J. Fluorine Chem. 2018.

学生の皆さんへ

私たちの研究グループには、工学部物質科学工学科の卒業研究生と、大学院理工学研究科量子線科学専攻 化学・生命コースの大学院生が所属しています。有機化学、高分子化学、材料化学といった分野に興味がある皆さん、一緒に新しい機能性材料を創り出してみませんか。
研究の様子を見てみたい方、研究室の見学はいつでもOKです。
有機化学や高分子化学に関する質問や、卒業後の進路相談に関しても、有機系のスタッフと学生が対応します。
詳しくは、下記の連絡先までお問合せください。 

お問い合わせはコチラへ!

福元博基教授(居室N6棟104)hiroki.fukumoto.chemあっとvc.ibaraki.ac.jp
吾郷友宏准教授(居室N6棟105)tomohiro.agou.mountainあっとvc.ibaraki.ac.jp
久保田俊夫名誉教授 toshio.kubota.organicchemあっとvc.ibaraki.ac.jp
※あっとをアットマークに変換してください。

 アクセス

〒316-8511茨城県日立市中成沢町4-12-1

工学部ホームページのアクセス案内もご参照ください。

JR常磐線 日立駅から、茨城交通バス「平和台霊園行」または「多賀駅行」に乗車(行先番号3または4)、「茨大前」下車。約20分。
JR常磐線 常陸多賀駅から、茨城交通バス「日立駅行3」または「日立駅行4」に乗車、「茨大前」下車。約20分。
※時刻表:平日用 土日祝日用
※国道6号線側を走る路線は、茨大前を通りません。その場合は、高速バスと同じく「成沢」で下車してください。
タクシーだと、どちらの駅からも1000円程度です。
高速バス 東京駅八重洲南口から「ひたち号」に乗車、「成沢」下車。約2時間半。成沢バス停から徒歩10分。

工学部キャンパス到着後は、正門向かって右奥の「N6棟」まで徒歩5分。
グループの研究室は、N6棟の1階です。


ページトップに戻る